屋根下の空間を有効活用した小屋裏収納を設ける家庭が増えています。大型の収納庫が欲しい!収納スペースは欲しいけど、居住スペースが狭くなるのは避けたい!と考える人が多いです。この悩みを解決するのに屋根下に生まれるデッドスペースを利用して小屋裏収納を設けるのです。2階の1/2未満のスペースであることと、1.4m以下であるという条件を満たすことで床面積に含まれず2階建て住宅として設計できる魅力を活かすのです。これなら居住スペースを狭めることなく大きな収納を得ることができるのです。

ここに収納するものは、普段よく使用する物を収納するのではなく、ワンシーズンだけ使用する物、捨てられない思い出の品などを収納しておくには最適です。雛人形や兜、鯉のぼり、クリスマスツリーなどの収納場所としてピッタリです。アルバムや賞状、幼稚園や学校での製作品、トロフィーなどもここの整理しておくといいでしょう。趣味の多い人は、趣味道具の収納場所に困ることも多いですが、このような大型の収納スペースがあると助かるのです。普段は使わないこれらの物を小屋裏収納にきちんと整理して、居住スペースに物が散らかりにくく広々とした空間を確保できるようにしておきたいものです。

この小屋裏収納を設ける際に、注目したいのが行き来の方法です。通常は急勾配なハシゴでの行き来が多いです。しかし、これでは大きな物や重さのある物を出し入れする際に一人では難しいですし、高齢になった時に利用しにくい収納スペースとなってしまいます。安全性に欠けるため固定階段で行き来ができるようにしておくといいと思います。固定階段なら物の出し入れもしやすいですし、行き来のしやすさから収納スペースとしてだけでなく、書斎スペースや趣味部屋として利用させやすくもなります。屋根下のデッドスペースも余すことなく上手に利用したいものです。

我が家に設けたカップボードは、キッチンスペースに合わせて造りつけてもらいました。キッチンスペースいっぱいに広がるカップボードは、床から天井まで余すとこなく収納スペースとして活用させることができているため、収納力に優れています。隙間がないことで見た目もスッキリとしていますし、お掃除もしやすいのです。

カップボードの全面にはすりガラスの引き戸が設けられています。キッチンで家事をする時には扉を開け放ち、物が把握しやすく、そして出し入れがしやすいようにしておきます。引き戸なので扉を開け放っていても邪魔に感じることがありません。キッチンを振り返ると一面に必要な物が揃っており、オープンにしておくことで物の出し入れがスムーズに行えて家事を効率よく行うことができています。

キッチンを使用しない時や来客時にはこの扉をフルクローズにします。中に収納している物を隠してくれながらも明るさをしっかりと通してくれるので閉鎖的な印象になることもありません。目に触れると生活感を感じてしまうキッチン家電や食材など全てを隠すことができるため生活感を感じさせず、スタイリッシュなキッチンが広がっているのです。

扉三面にも広がる一面は、キッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズ、レシピ本や30㌔のお米の袋までスッポリと収められるパントリーはとても重宝しています。この横の扉一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまで一か所で管理できているのでお皿選びもしやすいのです。そしてその隣の扉一面にはキッチン家電を収納しています。まだまだ収納スペースに余裕があるのでキッチンに物が増えてもしっかりときれいに管理できるのです。

最近ではリビングやダイニングとの一体感を重視したフルオープンキッチンが非常に人気を高めています。キッチンからフルフラットに伸びるカウンターは、キッチンに人が集まりやすく、お手伝いしやすいスタイルでもあります。家族と顔を合わせてコミュケーションが取りやすく、空間の繋がりを感じられることで家族の繋がりも感じることができます。

このキッチンのデメリットは、きれいに片付いている時は見せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後のお鍋や食器、食材が乱雑になっている状態もリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。このような状態で急にお客様が来たらスムーズに対応しにくく、片付けが苦手な人には向いていないのです。

私はこのデメリットに抵抗を感じたためキッチンの前に程よい高さで区切った腰壁を設けることにしました。腰壁を設けることでキッチンが乱雑になっている状態をリビングやダイニングから見られる心配がなくなり、お客様もスムーズに対応ができるのです。使い勝手の良くない吊り戸棚をなくし、コンロ部分は壁にするのではなく耐熱用のガラス張りにすることでリビングやダイニングとの一体感を損なうこともないのです。

またこの腰壁は気になる手元部分を隠してくれるだけでなく、壁厚を利用してニッチを設けることもできました。キッチン側には調味料入れのニッチを設けたので、いつも使用する調味料をここに収めることができています。作業スペースがスッキリとして調理のしやすさが増しています。また壁を利用してL字型にカウンターを配しました。パソコンを使用したり、子どもが勉強したり、夕飯の支度をするママと会話をしながらおやつを食べたりとこのカウンターが大活躍しています。キッチンのスタイルによって家事のしやすさやキッチンを挟んでのコミュケーションも変わってくるだけに自分に合ったスタイルを取り入れましょう。

住宅ローンを組む際、自分達が借りられる額はいくらかということに注目することと思います。借りられる額が気になる場合、目安となるのは年収をベースにした借入限度額であり、総返済負担率を使って計算することで簡単に知ることができます。しかし、ローンを組む際に一番大事なことは、借りられる額ではなく実際に返せる額を把握することなのです。つまり、自分の借りられる額は、実際に返せる額とイコールであると考えなければなりません。

では果たして返せる額を決めるにはどうしたらいいでしょうか。決める方法として一般的なのは、住宅ローンの年間負担率を多くても年間手取り収入額の30%以内におさえることです。ただし、子育て真っ最中で教育費などが多くかかる場合は25%以内が理想でしょう。また、住宅ローンの金利と返済期間によっては、借りられる額が変動してくるので注意が必要です。

加えて、将来の不測に備えておくことも大切です。ボーナス返済を組み入れない方がいいと私はアドバイスされました。自分は安定している!という人でも何があるか分からないからです。できるだけ頭金を多く入れることで借入総額を減らし、住宅ローンを組むということが将来を楽にするための賢い住宅ローンの組み方だと思います。住宅は人生において最大の買い物となるだけにしっかりと予算化して無理なく支払いが行えるようにしておきたいものです。

住まいにおいて窓の存在が非常に重要であることを知りました。家造りを行う大部分の人が「夏は涼しく、冬暖かい家」ということを希望し、冷暖房に頼ることなくエコな暮らしを送りたいと思うことでしょう。

それには建物自体の断熱性が大事であることは言うまでもありません。使用する断熱材で断熱性も大きく変わってきますし、断熱材と断熱工法が合っていることも大事です。加えて、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も非常に重要なのです。暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%、床7%、外壁・換気15%、窓58%です。冷房時に熱が入ってくる割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ても窓の断熱性が重要であることが一目瞭然なのです。

そこで我が家は、Low-E複層ガラスを取り入れました。これは2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたものです。この特殊金属膜は太陽光線のなかで、可視光線を最大限に透過させ、赤外線、紫外線を大幅にカットしてくれるのです。省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し、室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立つのです。

冷暖房を効率よく使用できるので光熱費の節約に繋がるのです。また結露抑制も期待できます。冬場窓ガラスの結露で悩む人も多いです。この嫌な結露を抑制してくれるので、アトピーの一因と言われるカビやダニの発生を抑えるので、健康な住空間を作り出すことができるのです。窓の機能性に注目し、エコで快適に暮らせる住まいにしたいものです。

家族構成やライフスタイルに合った家造りを心がけると思いますが、暮らしが変化すればそれに合った空間が広がるようにしたいものです。住宅の中で特に変化があるのが子ども部屋です。子どもの成長過程に合わせてその時々でピッタリの空間が広がるように我が家は可動間仕切り収納を取り入れました。

そこで子ども達それぞれに最初から子ども部屋を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。幼少期は個室を必要とせず、おもちゃを広げてのびのびと遊べる空間が求められます。走り回ったり、兄弟やお友達と思い切り遊べる空間があると重宝します。この時期は壁に沿わせて可動間仕切り収納を設置しておきます。そうすれば広々とした空間が広がり遊びやすさが高まるのです。

小学生になると学習机を並べて、共に遊べて、共に勉強できるスペースが広がります。高学年くらいになるとそれぞれのプライベートな空間も欲しくなるものです。この場合には、可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央へ移動させます。そうすることで空間も繋がりを保ちながらも、それぞれにプライべートな空間を手に入れることができるのです。

そして、中学・高校生頃になると個室を必要とします。この場合、もう半分の可動間仕切り収納を部屋の中央へ移動させます。そうすれば完全個室となるのです。ワンルームが将来的に二つの個室になることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセントなどあらかじめ二部屋分設けておきます。子どもが独立した後は再びワンルームへ戻して新たな利用方法を取り入れることもでき、その時々で最適の空間を手に入れることができるのです。

新築住宅やリフォームの際に家具を造り込む家庭も多いです。部屋の雰囲気に合った家具を選びたいが、なかなか気に入ったものに出会えなかったり、デザインが気に入ってもサイズが空間と合わなかったりすることも多く家具選びも容易ではありません。そこで最初から部屋に合わせたデザインやサイズで家具を造り込んでみるのはいかがでしょうか。

家具を造り込むことのメリットは、建物のスペースに合わせてピッタリの家具を造ることができることがあげられます。床から天井まで余すとこなく活用させることもできますし、スペースにスッキリと家具が収まることえで室内の統一感が高まりますし、空間に凹凸がないことで見た目がスッキリとします。

室内の雰囲気にあったデザインを取り入れたり、手持ちの家具との調和を合わすことができるため全体の一体感も高まります。気に入った素材や色味を取り入れることができ、自分が持っている物の収納量に合わせた収納スペースを確保できたり自分好みに家具をカスタマイズすることができるのです。そうすることで使いやすい家具となりますし、家具への愛着も高まります。既製品では味わえない満足感や室内との調和を手に入れることができるでしょう。

しかし、最近では既製品家具が非常に安価な価格で販売されています。細やかな仕様やいい素材を取り入れることで非常に高額な家具となってしまうことがあるのです。予算に合わせて家具を造り付けたり、既製品家具を取り入れたりすることも忘れてはいけません。

我が家は、リビングに隣接して小上がりの和室を設けました。和室に高さを設けたのは、普段は建具で仕切らずリビングとの一体感を高めるため洋風LDKと畳の和の空間が隣接しても互いの空間に違和感を与えないようにするためです。床に高低差を付けることで異なる異空間が隣接しても違和感がありませんし、空間のメリハリがしっかりと生まれるのです。

高さを設けたことで畳下に生まれたデッドスペースを収納スペースとして利用できています。引き出し収納には座布団やお昼寝グッツなど和室で利用するものから、子ども達のおもちゃや日用雑貨などまで大容量に収納することができています。壁にはカウンターを造り付けており、ここにはテレビを設置したり、隣ではパソコンを使用したり、子どもが勉強できるスペースとしても利用できます。

ここで座って作業することを考え、カウンター下は高さを活かして掘り込んでいます。足がゆったりと伸ばせるため長時間カウンターを利用しやすくなっているのです。カウンター上部には扉付きキャビネットを設けており、書類や子どもがスタディーコーナーとして使用し始めたら勉強道具を整理するスペースとして活躍できます。純和風の和室というよりは、洋風空間との調和に配慮したモダンな和の空間が広がっています。

床の間や長押などといった和室には欠かせなかったこれらを設けず、スタイリッシュな和の空間を意識しました。小上がりにしたことでサッと腰を下ろしにも最適の休憩スペースとなっており、和室が最高に居心地のいい場となっています。

我が家のリビングの一部分は吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは非常に悩んだのですが、オシャレなリビングにしたかったという思いが強く採用しました。吹き抜けを設けるメリットは、二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを感じることができることです。また、高い位置に設けられた窓からは日差しをたっぷりと取りこめるため、リビングがより明るく、開放感が感じられるのです。

吹き抜け部分に面して二階にはファミリースペースを設けています。6帖ほどの広さがあるファミリースペースは、子ども達の遊び場として、また家族のコミュニケーションの場としてセカンドリビングのような空間が広がっています。一階と二階で家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられ、家族の繋がりを実感できます。そのため個人の時間を過ごしていても家族の気配を感じられるので安心感が得られるのです。

一階と二階で会話をしたい場合も吹き抜け部分に向かって声をかければ会話がしやすいのです。吹き抜けのデメリットは、冷暖房の効率を下げることです。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇します。そのためエアコンを入れても吹き抜けを設けていることで暖かい空気が二階に流れ、リビングの足元部分がひんやりするのです。しかし、建物自体の断熱性を高めたり、熱の出入り口で大きな窓の断熱性を高めることで冷暖房効率を下げることが抑制でき、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいになるのです。

実際に生活をしてみて感じるデメリットは音の響きです。テレビの声が二階のファミリースペースに響きますし、逆に子ども達が遊んでいる声が一階まで届くのです。会話がしやすいというメリットの側面で音の響きを感じやすいのです。メリット・デメリットを考え吹き抜けを取り入れましょう。

火事のリスクが低く、フラットでお手入れがしやすいこと、火力が以前に比べ強くなり料理を美味しくできるようになったことなどを理由にIHクッキングヒーターを新築住宅に設置しようと考えている人は多いと思います。また最近では時代の流れからオール電化住宅も増えてきたのでその影響もあるでしょう。

主婦の多くはIHクッキングヒーターとガスコンロどちらが経済的なのかという点が気になると思います。毎日ごはんの支度をするのに使用するものなのでランニングコストが少しでもお得な方がいいと思うはずです。私は現在ガスコンロを使用しており、料理をするのはガスコンロで慣れているだけにIHクッキングヒーターにすることに抵抗を感じてしまいます。ランニングコストを考えればオール電化であれば割安な深夜電力を利用し炊飯器のタイマーの工夫をしたり、夕飯の仕込みを電気代の安い朝の時間帯に済ませておくことで随分変わってくると思います。

また最近では気密性の高い鍋で保温性が高いものや活力鍋など短い時間で簡単に調理できる鍋も多く販売しています。調理器具や調理方法でも大きく変わってきます。どちらがランニングコストでお得かということは一概には言えません。日々の生活スタイルを見直すことや無駄を今一度見直し光熱費を削減させる工夫も忘れてはいけません。

私もIHクッキングヒーターに抵抗を感じていますが新築をオール電化住宅にすればIHクッキングヒーターを採用すると思います。どちらにもメリット・デメリットがあるのでそれを理解して設置したいと思っています。

カテゴリー

Copyright © 2018 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes