Posts Tagged ‘間取り’

私は家事の合間や暇な時間を利用してパソコンをよく使用します。
ネットショッピングもしますし、パソコンで仕事もします。
しかし今はパソコンをする空間がないのでダイニングテーブルを活用してパソコンを使用しています。
ダイニングテーブルにパソコンを出したり片付けたり毎回面倒だなと感じています。

新築住宅を建てたらパソコンに集中できるワークスペースを必ず設けたいと思っています。
常時パソコンを置いていつでもサッとパソコンを使えるようにしておきます。
このワークスペースは広めに確保しておこうと思います。
ダイニングの端から端まで備え付けのデスクを設け、プリンターを使う時でも使いやすい広さにしたいと思います。
このカウンターの下の左右には収納棚を設けて収納スペースとしようと思っています。
収納スペースとして活用しなければ飾り棚として活用してもいいのです。
プリンターやパソコン関連用品を収納したり、ダイニングやリビングで必要な生活雑貨を収納する場所としても最適です。

広さのあるワークスペースにしておくことで子どもが成長した時、子ども達の勉強机としても活用させたいと思っています。
兄弟姉妹が一緒に並んで勉強できれば楽しみながら勉強が行えることでしょう。
また親も勉強をしている子ども達を身近で見守ることができるのです。
宿題のチェックがしやすいのも親としては嬉しいですね。
このようなワークスペースがあれば親も子もいろんなシーンで活用でき便利だと思います。
ワークスペースの近くに窓を設け明るさを確保しておくとよりいいでしょう。

最近人気のスタイルとなっているリビング階段。
我が家の新築住宅にも取り入れる予定です。
私の周りの新築住宅を建てた友人達もリビング階段を取り入れた人と取り入れなかった人半分半分くらいです。

私はリビング階段がいいなと思っています。
家族の繋がりを大切にできるからです。
子どもが小さい間はリビングに集まるのが当たり前のことかもしれませんが、子どもが思春期頃になると家族の存在を嫌がり始めます。
顔を合わせることも会話もすることも面倒と感じてしまうものです。

そのような状況で従来のように玄関の近くに階段を設けていれば、子どもがいつ帰宅して、いつ外出したのか分からないという日も出てくるでしょう。
これでは家庭環境も悪化しますし、親は子どもの変化に気づいてあげることができません。
しかしこれをリビング階段にすることで家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋へ行くことができません。
嫌でも家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれるのです。顔を合わせることで親は子ども変化にも気づいてあげやすくなります。
リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げるという結果も出ているそうです。

リビング階段を取り入れなかった友人に理由を尋ねてみると一番は冷暖房の効率を考えてということでした。
そして他にはリビングに来客者がいる時お互いに気を遣わなくていいという理由です。
知らない来客者がいてもそのまま二階に行けるので便利だからと話していました。

階段は欠かすことのできない存在です。自分達のライフスタイルに合った階段のスタイルを取り入れたいものです。

住宅の暮らしやすさを高めるためには動線に配慮した家造りをすることが重要だと思います。
例えばリビングの先にウッドデッキやガーデンテラスを設けることで庭との繋がりのある家になります。
庭への動線を自然な形で設けることでこのデッキやテラスが室内と庭の架け橋になるのです。
また生活はリビングを中心に行います。
リビングからトイレや洗面室へのアクセスのしやすさは大変重要です。

リビングの居心地がいいとついお風呂に入るのを後回しにしたり、歯磨きが面倒くさいと感じてしまいがちです。
リビングの居心地のよさを感じながらトイレや洗面室への行き来のしやすさや、動線を短くすることでスムーズに行えるので動線に配慮することは大切なのです。
女性にとって家事動線を意識した家造りをするのは大変重要です。
毎日行う家事動線を考えていない住宅は無駄に住宅内を行き来したり、家事効率を下げてしまうのです。
キッチンと洗面室への行き来のしやすさ、洗濯を終えた洗濯物を抱えて、洗濯物干し場へのアクセスのしやすさは毎日行う家事だからこそストレスフリーにしておきたいものです。

また家族の衣類を一か所に収納するファミリークローゼットを一階に設けて、帰宅してスムーズに部屋着に着替え、また外出時にはすぐに着替えができて出かけられるようにしておけば、家族みんなが暮らしやすさを感じられる家になると思います。
我が家も新築住宅を建てることとなり、この動線を意識した間取りを現在考えています。
暮らしやすさを感じられればいいなと思っています。

家の間取りや設備を考える時に、やはり気になるのは日当たりではないでしょうか?南側に日当たりを生かしたリビングを、また子供部屋などを配置したいという方も多いことと思います。

賃貸物件を探された事のある方なら、だれでも1度は経験したことがあるかもしれませんが「南向き」であるからと言って必ずしも日当たりが良いとは限りません。特に都市部のように住宅が過密している地域では方角によって得られる太陽光は確実な物ではないと考えた方が無難です。土地も同じように、道路に南向きに面しているという理由で間取りや建物の構造を考えずに、実際に現地へ赴きおおよそ1日の日照条件を把握する事が大切だと言えるでしょう。

日当たりを間取りに生かすときはこの他にも1日の住宅の稼働率を考えてみるのも有益です。ご家族が全員家にいない時間帯にリビングの日当たりがとても良い、というのはなんだかナンセンスです。新築段階でお子様がまだ小さいご家庭であれば、これから先20年を考えたとしても日中自宅に常にいる人の方が少ないのは明らかです。家族構成やライフステージに見合った間取りを実現するために、一日の生活の流れなども考えて間取りを決めてみてください。

日当たりばかりにこだわっていると、ついつい「西日」の存在を忘れてしまいがちですが実は住宅に侵入する西日はかなり強い事があります。間取り次第では例えばテレビが反射してしまいなにも見えないとか、西日が室内に入り過ぎて困るという経験がある方も少なくありません。夕方使用する頻度が高い場所であれば西日対策としては建材(外付けブラインド、ブラインド、ブラインドシャッターなど)で対策をしておく方が良いでしょう。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes