Posts Tagged ‘要望書’

「要望書」は自分たちの希望やイメージを第三者に伝えるために欠かせないものです。どんなインテリアが好きなのか、どんな間取りにしたいのか様々な情報を盛り込むことができるので、要望書づくりを通して自分自身の持つ住まいへのイメージや希望を客観視することができるでしょう。出来上がった要望書は、間取りやプランを決める際の参考に、担当する設計士などに提案するために活用できます。

要望書は自分だけが分かれば良い、というものではありません。複数の工務店やハウスメーカーで比較検討したいと考えている方であれば、どこの業者にも同じ条件でプランを考えてもらうためにも「誰にでもわかる」、相手に伝わる要望書にする必要があるでしょう。

「伝わる」要望書を作るコツはレイアウトを工夫する事です。ファイル一冊にまとめる場合も、ノートに手書き、ワードやエクセルなどを使用しパソコンで制作する場合も、まずは大きな区分からイメージを提案していく方法が良いでしょう。
要望書では、突然台所やリビングのような一つ一つの部屋の仕様やデザインなどについて触れるのではなく、大枠の家全体のイメージを先頭に持ってきます。このとき●●風、とか●●のようなイメージで、というように具体的なカテゴリーが提案されていた方が相手にも伝わりやすいです。例えば「和風モダンな印象の住まい」にしたいというのならば、そのイメージや外観が家づくりの出発点になります。「和モダン」というカテゴリーならどんな外観の住まいがいいのか、と言うところからまとめてみましょう。
大枠が決定したところで、それぞれの居室について、その他一つ一つの設備やパーツなどについて・・・・といように範囲を狭めて行く方法がみやすい要望書のレイアウトです。

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes