Posts Tagged ‘素材’

住宅の高気密・高断熱は年々求められています。化学物質を多く含有した建材が市場に多く出回っているのも事実です。

ハウスシック症候群という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。このハウスシック症候群とは化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内の空気が化学物質に汚染されそこに住む人の健康に悪影響を及ぼしてしまいますので、頭痛やめまい、咳や鼻水・鼻づまり、目のかゆみや充血、肌荒れやじんましん、不整脈に下痢や便秘など症状は様々です。

せっかく建てたマイホームがこのような家になってしまえば台無しです。家族が健康で笑顔に溢れた暮らしを送るためには住宅に使用する建材に注目して家造りを進めていかなくてはいけないのではないでしょうか。

そこで我が家の新築住宅では自然素材の無垢の木の床にしました。合板フローリングの方が格段に費用を抑えられるのですが、無垢材の床にしました。合板のフローリングは化学物質を含有した接着剤を多く使用するためハウスシック症候群を引き起こす可能性も高まるのです。

無垢材であれば化学物質を含有していないので安全です。それだけでなく肌触りも快適です。合板フローリングだと夏はベタッとした感触で、冬は冷たくて素足で歩くことはできません。しかし無垢材の床であれば夏はサラッとした感触で、冬でもヒヤッとした感触がなく、むしろふんわりと暖かさを感じられる肌触りなのです。

また自然素材ならではの木目を楽しむこともできますし、経年変化を楽しめる家にもなると思います。そして壁は漆喰壁にしました。これは調湿作用もありますし、人体に悪影響と言われているホルムアルデヒドを吸着する効果も期待できます。自然素材を取り入れ家族の健康を守る家にしたいです。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes