Posts Tagged ‘キッチン’

火事のリスクが低く、フラットでお手入れがしやすいこと、火力が以前に比べ強くなり料理を美味しくできるようになったことなどを理由にIHクッキングヒーターを新築住宅に設置しようと考えている人は多いと思います。また最近では時代の流れからオール電化住宅も増えてきたのでその影響もあるでしょう。

主婦の多くはIHクッキングヒーターとガスコンロどちらが経済的なのかという点が気になると思います。毎日ごはんの支度をするのに使用するものなのでランニングコストが少しでもお得な方がいいと思うはずです。私は現在ガスコンロを使用しており、料理をするのはガスコンロで慣れているだけにIHクッキングヒーターにすることに抵抗を感じてしまいます。ランニングコストを考えればオール電化であれば割安な深夜電力を利用し炊飯器のタイマーの工夫をしたり、夕飯の仕込みを電気代の安い朝の時間帯に済ませておくことで随分変わってくると思います。

また最近では気密性の高い鍋で保温性が高いものや活力鍋など短い時間で簡単に調理できる鍋も多く販売しています。調理器具や調理方法でも大きく変わってきます。どちらがランニングコストでお得かということは一概には言えません。日々の生活スタイルを見直すことや無駄を今一度見直し光熱費を削減させる工夫も忘れてはいけません。

私もIHクッキングヒーターに抵抗を感じていますが新築をオール電化住宅にすればIHクッキングヒーターを採用すると思います。どちらにもメリット・デメリットがあるのでそれを理解して設置したいと思っています。

主婦の多くは1日の大半をキッチンで過ごすことと思います。私もそのうちの1人ですが長い時間を過ごすのであれば快適に且つストレスを感じにくくする環境であることが理想だと常に感じています。

キッチンに不満を抱えている人も多く、その理由としてキッチンの収納量やお手入れのしにくさ、作業スペースの高さや狭さがあげられます。またキッチンの配置によってはダイニングやリビングにいる家族の顔が見えず調理中や片付けの間、誰とも会話できず一人で黙々と作業をするという人もいるでしょう。それは同時に孤独感を抱くことと思います。それではキッチンに立つ時間が楽しい時間とは言えません。まずは自分に合ったキッチンの形を選ぶことから始めましょう。

従来のキッチンに多かったI型の壁付けタイプや人気の高い対面タイプがあります。対面タイプにもフラットでダイニングへの見通しがいい造りと吊り戸棚を設け収納スペースを確保する造りがあります。
他にはL型の壁付けタイプやアイランド型もあります。自分の求めるタイプの型を決めたら次に欠かせないのがキッチンの収納スペースの確保です。調理器具にお皿やコップ、また食料品のストックなど収納するものがたくさんあります。大容量の収納スペースを確保うることに加え出し入れしやすい造りにしましょう。

最後にシンクや作業台の高さです。高さが合わず腰を痛めたり、作業のしづらさを感じたことがある人も多いでしょう。そのような状況ではキッチンに立つことが苦痛になります。高さに配慮することもポイントの1つです。また十分に作業できる広さも確保するとより使い勝手のいい快適なキッチンになることと思います。

主婦にとってキッチンの充実は必要不可欠です。満足度の高さを追及してみるといいかもしれません。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes