私は家事の合間や暇な時間を利用してパソコンをよく使用します。
ネットショッピングもしますし、パソコンで仕事もします。
しかし今はパソコンをする空間がないのでダイニングテーブルを活用してパソコンを使用しています。
ダイニングテーブルにパソコンを出したり片付けたり毎回面倒だなと感じています。

新築住宅を建てたらパソコンに集中できるワークスペースを必ず設けたいと思っています。
常時パソコンを置いていつでもサッとパソコンを使えるようにしておきます。
このワークスペースは広めに確保しておこうと思います。
ダイニングの端から端まで備え付けのデスクを設け、プリンターを使う時でも使いやすい広さにしたいと思います。
このカウンターの下の左右には収納棚を設けて収納スペースとしようと思っています。
収納スペースとして活用しなければ飾り棚として活用してもいいのです。
プリンターやパソコン関連用品を収納したり、ダイニングやリビングで必要な生活雑貨を収納する場所としても最適です。

広さのあるワークスペースにしておくことで子どもが成長した時、子ども達の勉強机としても活用させたいと思っています。
兄弟姉妹が一緒に並んで勉強できれば楽しみながら勉強が行えることでしょう。
また親も勉強をしている子ども達を身近で見守ることができるのです。
宿題のチェックがしやすいのも親としては嬉しいですね。
このようなワークスペースがあれば親も子もいろんなシーンで活用でき便利だと思います。
ワークスペースの近くに窓を設け明るさを確保しておくとよりいいでしょう。

最近人気のスタイルとなっているリビング階段。
我が家の新築住宅にも取り入れる予定です。
私の周りの新築住宅を建てた友人達もリビング階段を取り入れた人と取り入れなかった人半分半分くらいです。

私はリビング階段がいいなと思っています。
家族の繋がりを大切にできるからです。
子どもが小さい間はリビングに集まるのが当たり前のことかもしれませんが、子どもが思春期頃になると家族の存在を嫌がり始めます。
顔を合わせることも会話もすることも面倒と感じてしまうものです。

そのような状況で従来のように玄関の近くに階段を設けていれば、子どもがいつ帰宅して、いつ外出したのか分からないという日も出てくるでしょう。
これでは家庭環境も悪化しますし、親は子どもの変化に気づいてあげることができません。
しかしこれをリビング階段にすることで家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋へ行くことができません。
嫌でも家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれるのです。顔を合わせることで親は子ども変化にも気づいてあげやすくなります。
リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げるという結果も出ているそうです。

リビング階段を取り入れなかった友人に理由を尋ねてみると一番は冷暖房の効率を考えてということでした。
そして他にはリビングに来客者がいる時お互いに気を遣わなくていいという理由です。
知らない来客者がいてもそのまま二階に行けるので便利だからと話していました。

階段は欠かすことのできない存在です。自分達のライフスタイルに合った階段のスタイルを取り入れたいものです。

トイレの位置に頭を悩ます人は意外と少ないと思います。
我が家は新築住宅を建てるにあたり間取りを考えているのですがこのトイレの位置で頭を悩ませているのです。
幼稚園に通う子どもがいるのですが、私の家が幼稚園近くということで幼稚園のお友達が遊びに来ることはよくあります。
遊びに来なくても、トイレだけ貸したりすることもよくあります。
なので玄関近くにトイレを設けたいと思っています。

リビングの奥にトイレを設けていれば、トイレを貸すだけでもリビングを通らなければいけません。
片付けていない時などリビングに通すのは抵抗を感じることでしょう。
また玄関からは近いが、リビングからそのままトイレに行けるようにしておくことも抵抗を感じます。
リビングにトイレのドアがあるのです。
リビングで休憩して、トイレに行きたくなればサッと行けるのはいいのですが、リビングからトイレが見えるのはあまりいいものではありません。

間取りによってその後の暮らしや快適になるかそうでないかが大きく分かれます。
トイレといって軽視するのではなく、利便性や生活環境に合わせた位置にトイレを設けましょう。
最近では二階にトイレを設ける人が多いです。我が家も二階にトイレを設けるようにしています。
しかし二階のトイレはほとんど使用することはないでしょう。
なので自分達が高齢になった時、二階にトイレがあった方が便利だなと感じるようになったら便器を設置しようと思っています。
それまでは収納スペースとして活用させていようと思います。
トイレにおいてもじっくり考え設置場所や個数を決めたいものです。

住宅の暮らしやすさを高めるためには動線に配慮した家造りをすることが重要だと思います。
例えばリビングの先にウッドデッキやガーデンテラスを設けることで庭との繋がりのある家になります。
庭への動線を自然な形で設けることでこのデッキやテラスが室内と庭の架け橋になるのです。
また生活はリビングを中心に行います。
リビングからトイレや洗面室へのアクセスのしやすさは大変重要です。

リビングの居心地がいいとついお風呂に入るのを後回しにしたり、歯磨きが面倒くさいと感じてしまいがちです。
リビングの居心地のよさを感じながらトイレや洗面室への行き来のしやすさや、動線を短くすることでスムーズに行えるので動線に配慮することは大切なのです。
女性にとって家事動線を意識した家造りをするのは大変重要です。
毎日行う家事動線を考えていない住宅は無駄に住宅内を行き来したり、家事効率を下げてしまうのです。
キッチンと洗面室への行き来のしやすさ、洗濯を終えた洗濯物を抱えて、洗濯物干し場へのアクセスのしやすさは毎日行う家事だからこそストレスフリーにしておきたいものです。

また家族の衣類を一か所に収納するファミリークローゼットを一階に設けて、帰宅してスムーズに部屋着に着替え、また外出時にはすぐに着替えができて出かけられるようにしておけば、家族みんなが暮らしやすさを感じられる家になると思います。
我が家も新築住宅を建てることとなり、この動線を意識した間取りを現在考えています。
暮らしやすさを感じられればいいなと思っています。

既存住宅の安全性を考える上で欠かすことができないのは「地形的なリスクを考えること」というのはご紹介してきましたが、もうひとつ知っておきたいのは、ずばり「建物が持つリスク」です。
既存住宅の建物がもつリスクについて考えるとき、まず参考にしたいのが建物の形状です。地震や台風などの災害では横方向に大きな負荷がかかることから、一般的に正方形に近ければ近い方が耐震性・耐力性があると言われています。しかしながら、現実にはまず、正方形の住宅というのはあまりお目にかかりません。どうしても土地条件にあった家を作っていくのが普通ですから、さまざまな形の家があるのが普通のことなのです。そこで、自分の家はどの部分が弱いのかを考えてみましょう。

やり方はとっても簡単です。家の見取り図を紙に書き出してみてください。長方形や正方形のように、両極方向に対称な構造をもち、住宅全体の負荷を分散する事が出来る形であれば問題はありません。(※ほぼ見かけることはありませんが、多角形の構造をもつ住宅もしっかりと力を分散しバランスの良い形と言えますね。)
書き出す作業をしてみて、もし、住宅が複雑な構造を持っているのならば、どんな場所を補強すればよいのかを考えてみます。具体的な補強例としては、通し柱をする、耐力壁を増やす工事をするという方法が一般的です。耐震補強や構造設計に関しては、それ専門で相談に乗ってくれる工務店や建築事務所もあるようですので、専門業者をあたってみるのも良いですが、各自治体が無料で相談会を設けていることもあります。

住宅の弱点は土地と建物、それぞれについて把握する事が重要です。弱い部分を明確にすることで災害に対して「受け身」でいるだけでなく、いろいろな方法で防ぐ方法をえることが出来るのです。

私は以前から輸入住宅に強い憧れを抱いていました。
日本の住宅にはないデザイン性の高さは言うまでもありません。
日本の住宅の機能性の高さは年々高まっています。
高気密・高断熱住宅で夏は涼しく、冬は暖かい家を実現できています。

住宅の機能性は大変重要なのですが、一生住み続けることを考えると自分の好みのデザインにしたいと私は思っています。
デザイン性を高めるには壁をアーチ状にすることで日本の住宅にはあまり見ない造りで、友人宅と差を付けることができるでしょう。
ひと続きの広々と開放感あるLDKの空間をアーチ状の下がり壁を設けることで柔らかくそれぞれの空間を区切ることができます。
そして木の温もりを感じる色味のフロアにすることでアーチ状の下がり壁ととても調和が取れ素敵な空間が広がるのです。

システムキッチンの周囲にタイル張りのカウンターを設けキッチンのアクセントとするのもオシャレです。
そして最近人気を高めているのが壁の厚みを利用したニッチ棚。ニッチ棚を設けることで空間をオシャレに見せることができます。
お気に入りの雑貨を飾り雰囲気を高めたいです。キッチンカウンターの側面にも小物などを飾れるニッチを造ったり、マガジンラックを造るのもいいのではないでしょうか。
あとはそれらのデザインに調和する照明器具を設けたり、家具を設置したり、室内ドアを設けることが大切です。
統一感を出すことで居心地がよくオシャレ度も高めることができるのです。
デザイン性にこだわった家造りをしたいです。

住宅に収納スペースを確保することは最重要課題です。
住宅の不満の大半は収納と言われています。そのこともあり最近ではキッチンにパントリーを設ける人が増えてきました。このパントリーとは食品庫のことです。缶詰や調味料のストックなどキッチンスペースだけでは収納しきれない物をきちんとどこに何があるか分かるように収納しておけるパントリーがあれば料理効率も高められ家事の時短にも繋がるのです。ベストはウォークインパントリーです。

一つの収納部屋のように入って使える大型の食品庫があればビールやお菓子など大きなものから細かいものまでしっかり収納できます。食品だけでなくホットプレートやフードプロセッサーなど毎日使わない家電を収納するのにも大変便利です。天井には夜でも見やすいように照明器具を設置することも忘れてはいけません。食品をストックする場所であるので換気扇を設け湿気対策にもしっかり対応しておきたいものです。しかし狭くてもこのちょっとしたパントリーがあるかないかでキッチンの快適さは変わってきます。
冷蔵庫と壁の間にこのパントリーを設けるのもいいでしょう。間口が狭ければ奥行の深い収納パントリーとなります。奥行が深いと奥に収納している物が分かりにくく取り出しにくさを感じます。食品庫に賞味期限が過ぎたものばかり溢れてしまっても意味がありません。このような場合は引き出し式の棚にするといいと思います。また収納の仕方は賞味期限がなるべく目に入りやすいようにしておきましょう。

家の間取りや設備を考える時に、やはり気になるのは日当たりではないでしょうか?南側に日当たりを生かしたリビングを、また子供部屋などを配置したいという方も多いことと思います。

賃貸物件を探された事のある方なら、だれでも1度は経験したことがあるかもしれませんが「南向き」であるからと言って必ずしも日当たりが良いとは限りません。特に都市部のように住宅が過密している地域では方角によって得られる太陽光は確実な物ではないと考えた方が無難です。土地も同じように、道路に南向きに面しているという理由で間取りや建物の構造を考えずに、実際に現地へ赴きおおよそ1日の日照条件を把握する事が大切だと言えるでしょう。

日当たりを間取りに生かすときはこの他にも1日の住宅の稼働率を考えてみるのも有益です。ご家族が全員家にいない時間帯にリビングの日当たりがとても良い、というのはなんだかナンセンスです。新築段階でお子様がまだ小さいご家庭であれば、これから先20年を考えたとしても日中自宅に常にいる人の方が少ないのは明らかです。家族構成やライフステージに見合った間取りを実現するために、一日の生活の流れなども考えて間取りを決めてみてください。

日当たりばかりにこだわっていると、ついつい「西日」の存在を忘れてしまいがちですが実は住宅に侵入する西日はかなり強い事があります。間取り次第では例えばテレビが反射してしまいなにも見えないとか、西日が室内に入り過ぎて困るという経験がある方も少なくありません。夕方使用する頻度が高い場所であれば西日対策としては建材(外付けブラインド、ブラインド、ブラインドシャッターなど)で対策をしておく方が良いでしょう。

私の友人にも主人の友人にも消費税増税前に住宅を購入した人はたくさんいます。
我が家も新築住宅の購入を検討している最中ですが迷っているのが建売住宅にしようか注文住宅にするかということです。
友人達の中に建売住宅を購入した人も数人います。これまで注文住宅で家を建てようと考えていたのですが、建売住宅を購入した友人の話を聞くと建売住宅のいいなと思い始めるようになりました。

建売住宅の魅力は第一に価格の安さです。注文住宅で家を建てる時には建物自体にかかる費用に加え、土地代も必要になってきます。建売住宅の表示価格は土地代を含めた価格なのでかなり割安なことが伺えます。建売住宅を建てる際大量の建築材料を仕入れます。大量に仕入れることでコストを抑えることが出来るのです。一軒あたりにかかる作業時間を短縮することができる建売住宅は、人件費をあまりかけず家を完成することが出来るのでコストを抑えられるのです。

建売住宅の魅力は価格の安さだけではありません。通常家を建てる際には建築家の人や住宅メーカーの人と何度も打ち合わせがあり、決めなくてはいけないことが多々あります。共働きの忙しい世帯はその打ち合わせを面倒と感じる人も少なくありません。その点建売住宅は決めることがほとんどなく契約までに時間もかかりません。また完成住宅を見ることができるので家具やインテリアを選びやすいというメリットもあります。
建売住宅にも注文住宅にもメリット・デメリットがあります。自分達が求める家造りがどういうものか今一度考え自分達に合った方を選択したいと思います。

「要望書」は自分たちの希望やイメージを第三者に伝えるために欠かせないものです。どんなインテリアが好きなのか、どんな間取りにしたいのか様々な情報を盛り込むことができるので、要望書づくりを通して自分自身の持つ住まいへのイメージや希望を客観視することができるでしょう。出来上がった要望書は、間取りやプランを決める際の参考に、担当する設計士などに提案するために活用できます。

要望書は自分だけが分かれば良い、というものではありません。複数の工務店やハウスメーカーで比較検討したいと考えている方であれば、どこの業者にも同じ条件でプランを考えてもらうためにも「誰にでもわかる」、相手に伝わる要望書にする必要があるでしょう。

「伝わる」要望書を作るコツはレイアウトを工夫する事です。ファイル一冊にまとめる場合も、ノートに手書き、ワードやエクセルなどを使用しパソコンで制作する場合も、まずは大きな区分からイメージを提案していく方法が良いでしょう。
要望書では、突然台所やリビングのような一つ一つの部屋の仕様やデザインなどについて触れるのではなく、大枠の家全体のイメージを先頭に持ってきます。このとき●●風、とか●●のようなイメージで、というように具体的なカテゴリーが提案されていた方が相手にも伝わりやすいです。例えば「和風モダンな印象の住まい」にしたいというのならば、そのイメージや外観が家づくりの出発点になります。「和モダン」というカテゴリーならどんな外観の住まいがいいのか、と言うところからまとめてみましょう。
大枠が決定したところで、それぞれの居室について、その他一つ一つの設備やパーツなどについて・・・・といように範囲を狭めて行く方法がみやすい要望書のレイアウトです。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes