我が家の子ども部屋は1ルーム2ドアを採用しています。我が家のように子ども部屋をこのようなスタイルにする家庭は非常に増えてきました。この1ルーム2ドアとは、個室を必要としない間は、広々ワンルームとして利用します。子どもがのびのびと遊べて走り回れる子ども部屋はまさに理想的です。しかし将来的に二つの空間に分かれることを想定して、出入りするドア、窓、クローゼット、照明にコンセントなど予め二部屋分設けておくのです。

このように事前に環境を整えておくことで、子どもの成長と共に個室を必要とし始めたら広々ワンルームを二つの個室に分けることができるのです。子ども部屋は子どもにとって最高の空間でなくては意味がありません。いつの時も一番使いやすい空間にするには1ルーム2ドアはいいと思います。共に遊べて、共に勉強できる子ども部屋は兄弟姉妹共に成長することができます。

そして我が家はこの子ども部屋にロフト収納を設けました。子どもの成長と共に次第に物が増えていきます。この増えていく物をきちんと片づけられるようにロフトを設けて収納スペースを確保したのです。現在はまだここに収納しておくものは少ないです。この隠れ家的なスペースが子ども達の遊び心をくすぐり、現在は子ども達の遊ぶスペースとして利用しています。

子どもの成長に合わせて空間を自由にアレンジできる家にするべきだと思います。子どもが成長するといずれ巣立っていきます。子ども達が巣立った時に子ども部屋はまた必要性を失います。この時の状況まで踏まえ、空間を区切る時は壁にするのではなく、可動間仕切りにしておくのもいいと思います。

住宅の不満で常に上位を占めるのは収納です。この収納への対策をしっかり行うことで満足度の高い家を実現できるのです。まずは自分が持っている物の量を把握することです。各スペースにどれくらいの収納スペースがあればいいのかというのが見えてきます。適材適所に必要な物をきちんと収納でき、尚且つ少し余裕のある収納スペースを設けておくのが望ましいのです。

また動線に沿って収納スペースを設けておけば、必要な物を取り出す際に、無駄に住宅内を行ったり来たりしなくて済むのです。そこで我が家はこの動線というのに注目して設けた収納スペースがあります。それは家事の中心であるキッチンと、そのキッチンと家事動線を考える上で重要な洗面室を繋ぐ形で、ウォークスルー型の収納スペースを設けました。

この収納スペースは通路の両側に可動オープン棚の収納スペースにしました。片側はキッチンパントリーとしてキッチンで必要な物を収納できるスペースにしています。そしてもう片側は洗面室で使用する物を収納できるようになっています。特に衣類を収納しています。タオル類をはじめ、下着やパジャマ、帰宅してから着替える部屋着などをここに収納しています。二つの空間を行き来する際に、向かう先で必要な物をサッと取り出せることで、家事効率も高まっています。

動線に沿った収納スペースも大事ですが、大きな納戸があるのも便利です。季節もののアイテムや捨てたくても捨てられない物というのは意外と多いです。それらを収納する場所として固定階段で行き来できる小屋根裏収納部屋を設けたのです。ハシゴで行き来する小屋根裏収納とは違い、安全性も高まり、物の出し入れも格段にしやすいのです。収納への満足感が暮らしやすい家に繋がっていくのです。

騒音によるトラブルは後を絶ちません。住宅で快適な暮らしを送るには音に左右されることなく生活を送ることです。外から入ってくる音で住宅の快適性を損なうことがないように、また自分の家から発せられる音で、近隣住宅の人が不快に感じないようにしっかりと対策を取る必要があるのです。音に左右されない家にするには窓の存在が大きいです。窓の気密性が求められます。窓の気密性が高いことで、外から入ってくる音の影響を受けることなく、また自分の家から発せられる音で近隣住民にも迷惑をかけないように外に音を漏らしにくくするのです。窓の気密性に注目してほしいと思います。

窓には気密性だけでなく断熱性も重要です。熱や音の侵入口となる窓はしっかりと機能性を確認しましょう。窓の断熱性や気密性を高めることで冷暖房効率を高めてくれることにも繋がるのです。夏は窓から熱が入ってきます。冬は室内の暖められた空気が外へ逃げてしまいます。窓の断熱性・気密性を高めることで冷暖房効率を高めてくれ、光熱費も大きく削減できるのです。特に冬場は窓の結露に頭を悩ませる人は多いです。この結露においても窓の断熱性や気密性の低さから起こるのです。窓への対策をしっかり行うことで、熱の出入りを抑制でき、気になる音を侵入させず、もらさないということが実現できるのです。

私が以前住んでいて家は、隣は幼稚園でしたし、近くに線路もありいつも音に悩まされていました。また窓の気密性や断熱性が低いことで、これらの音をシャットアウトすることもできていませんでした。新築住宅では窓の気密性・断熱性に注目し音に左右されることない快適な暮らしを送れる環境をきちんと整えたので非常に満足度の高い家になりました。

先日新築住宅を建てた友人宅へ遊びに行きました。その住宅には階段途中に設けられたスキップフロアが非常に魅力的でした。階段途中という普段何気ない空間が多目的に使用できるスペースへとなっていたのです。子どもの遊ぶスペースとして、パソコンを使用するスペースとして、子どものスタディコーナーとして、旦那さんの書斎として活用できるスキップフロアは住宅の満足度を高める最高の空間となっていました。

スキップフロアからは一階のLDKが見渡せるので、ここをリビングの延長として過ごすのもいいですし、個室のような感覚で自分だけの時間を過ごす場所としても活用できます。私は家事や育児の合間にパソコンを使って仕事をしています。このスキップフロアがあれば、集中してパソコンでの仕事を行うことができますし、一階で遊ぶ子どもの様子にもきちんと目が行き届くので安心です。また子ども達がここで遊んでいても下を覗けば、家族の顔を見れるので安心して遊びに集中できるのです。

一階と二階を繋いでくれるスキップフロアは家族の繋がりを感じられる空間にもなるのです。子ども達が成長すると二階の自分の部屋で過ごす時間も増えていくことでしょう。そのような時でもスキップフロアを通して家族の気配を身近に感じることができるのです。空間を立体的に見せてくれ、開放感も増してくれます。階段をただの通路として捉えるのではなく、このような空間があることで楽しみ方が増える家となるのです。我が家にもぜひこのようなスキップフロアを設けたいと思っています。

リビングの延長上に多目的で使用できるガーデンルームを設けたいと思っています。リビングの延長上にこのガーデンルームを設けることでリビングにより開放感をもたらしてくれます。リビングの延長として楽しめるガーデンルームは多目的に使用できるのです。

子どもを天気に左右されることなく安心して遊ばせることもできれば、ペットとの遊び場にもなります。特に雨の日には大活躍してくれるのがこのガーデンルームです。このガーデンルームを室内用の洗濯物として活用することもできます。雨の日など悪天候時には洗濯物干し場に頭を悩ませることも多いです。このような天候に左右されないガーデンルームがあれば洗濯物干し場に困ることもなくなりそうです。日々行う洗濯をスムーズに行えるので主婦の大きな味方です。

ガーデンルームの囲いは天候に合わせて自由にアレンジして開閉できるのも大きな魅力です。強い日差しは遮りながら、心地よい風を肌に感じながら過ごすことができます。庭の景色を楽しみながらゆっくりお茶をして過ごすことや、庭で遊ぶ子ども達の様子を眺めながらママ友との歓談を行うこともできます。このようなガーデンルームがあれば室内と庭を自然な形で繋ぐことができます。この特別な空間があるかないかで住宅への満足度も大きく変わってくることでしょう。天候に左右されることのない開放感たっぷりのガーデンルームはぜひ設けたいものです。予算や敷地の広さに応じてガーデンルームの広さも自由に変えられるのもいいですね。

住宅にはその時々で合った形というものがあります。住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもが小さい間は広々空間で走り回れる子ども部屋が求められます。小学生頃までは一人でこもって勉強をすることもありません。個室を設けても使い勝手の良くない子ども部屋になってしまうのです。

子どもが小学生頃まではそれぞれの空間を区切らずワンルームの子ども部屋にしておきます。兄弟姉妹でのびのび遊べ、共に勉強できる空間があるといいのです。そしてお友達が遊びに来た時、遊べる空間があると子どもも住宅への満足度を高められると思います。
中学生頃になるとそれぞれの個室が欲しくなります。その時、広々ワンルームを二つの空間に区切るのです。将来的に二つの空間に区切ることを考え、出入りするドアやクローゼット、窓や照明、コンセントなど二部屋分確保しておくのです。このようにしておけばいつでも二つの部屋に区切ることができます。

壁や扉で間仕切るのもいいですし、可動間仕切り収納で空間を間仕切るのもいいと思います。個室になった時、それぞれの空間が狭いと感じてしまうと思います。物がきちんと片づけられるように、少しでも収納スペースがあると過ごしやすい子ども部屋になるのです。

また自分達が高齢になった時のことを考えて下さい。足腰が弱ってきたら、寝室までの行き来に階段があるのが体の負担と感じるようになると思います。一階に設けた和室を将来的に寝室としても使えるように、テレビやエアコンの配線、押入れなどしっかりと確保しておいた方がいいと思います。変化にしっかりと対応できる家でありたいものです。

主婦の多くは1日の大半をキッチンで過ごすことと思います。私もそのうちの1人ですが長い時間を過ごすのであれば快適に且つストレスを感じにくくする環境であることが理想だと常に感じています。

キッチンに不満を抱えている人も多く、その理由としてキッチンの収納量やお手入れのしにくさ、作業スペースの高さや狭さがあげられます。またキッチンの配置によってはダイニングやリビングにいる家族の顔が見えず調理中や片付けの間、誰とも会話できず一人で黙々と作業をするという人もいるでしょう。それは同時に孤独感を抱くことと思います。それではキッチンに立つ時間が楽しい時間とは言えません。まずは自分に合ったキッチンの形を選ぶことから始めましょう。

従来のキッチンに多かったI型の壁付けタイプや人気の高い対面タイプがあります。対面タイプにもフラットでダイニングへの見通しがいい造りと吊り戸棚を設け収納スペースを確保する造りがあります。
他にはL型の壁付けタイプやアイランド型もあります。自分の求めるタイプの型を決めたら次に欠かせないのがキッチンの収納スペースの確保です。調理器具にお皿やコップ、また食料品のストックなど収納するものがたくさんあります。大容量の収納スペースを確保うることに加え出し入れしやすい造りにしましょう。

最後にシンクや作業台の高さです。高さが合わず腰を痛めたり、作業のしづらさを感じたことがある人も多いでしょう。そのような状況ではキッチンに立つことが苦痛になります。高さに配慮することもポイントの1つです。また十分に作業できる広さも確保するとより使い勝手のいい快適なキッチンになることと思います。

主婦にとってキッチンの充実は必要不可欠です。満足度の高さを追及してみるといいかもしれません。

住宅の高気密・高断熱は年々求められています。化学物質を多く含有した建材が市場に多く出回っているのも事実です。

ハウスシック症候群という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。このハウスシック症候群とは化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内の空気が化学物質に汚染されそこに住む人の健康に悪影響を及ぼしてしまいますので、頭痛やめまい、咳や鼻水・鼻づまり、目のかゆみや充血、肌荒れやじんましん、不整脈に下痢や便秘など症状は様々です。

せっかく建てたマイホームがこのような家になってしまえば台無しです。家族が健康で笑顔に溢れた暮らしを送るためには住宅に使用する建材に注目して家造りを進めていかなくてはいけないのではないでしょうか。

そこで我が家の新築住宅では自然素材の無垢の木の床にしました。合板フローリングの方が格段に費用を抑えられるのですが、無垢材の床にしました。合板のフローリングは化学物質を含有した接着剤を多く使用するためハウスシック症候群を引き起こす可能性も高まるのです。

無垢材であれば化学物質を含有していないので安全です。それだけでなく肌触りも快適です。合板フローリングだと夏はベタッとした感触で、冬は冷たくて素足で歩くことはできません。しかし無垢材の床であれば夏はサラッとした感触で、冬でもヒヤッとした感触がなく、むしろふんわりと暖かさを感じられる肌触りなのです。

また自然素材ならではの木目を楽しむこともできますし、経年変化を楽しめる家にもなると思います。そして壁は漆喰壁にしました。これは調湿作用もありますし、人体に悪影響と言われているホルムアルデヒドを吸着する効果も期待できます。自然素材を取り入れ家族の健康を守る家にしたいです。

私は家事の合間や暇な時間を利用してパソコンをよく使用します。
ネットショッピングもしますし、パソコンで仕事もします。
しかし今はパソコンをする空間がないのでダイニングテーブルを活用してパソコンを使用しています。
ダイニングテーブルにパソコンを出したり片付けたり毎回面倒だなと感じています。

新築住宅を建てたらパソコンに集中できるワークスペースを必ず設けたいと思っています。
常時パソコンを置いていつでもサッとパソコンを使えるようにしておきます。
このワークスペースは広めに確保しておこうと思います。
ダイニングの端から端まで備え付けのデスクを設け、プリンターを使う時でも使いやすい広さにしたいと思います。
このカウンターの下の左右には収納棚を設けて収納スペースとしようと思っています。
収納スペースとして活用しなければ飾り棚として活用してもいいのです。
プリンターやパソコン関連用品を収納したり、ダイニングやリビングで必要な生活雑貨を収納する場所としても最適です。

広さのあるワークスペースにしておくことで子どもが成長した時、子ども達の勉強机としても活用させたいと思っています。
兄弟姉妹が一緒に並んで勉強できれば楽しみながら勉強が行えることでしょう。
また親も勉強をしている子ども達を身近で見守ることができるのです。
宿題のチェックがしやすいのも親としては嬉しいですね。
このようなワークスペースがあれば親も子もいろんなシーンで活用でき便利だと思います。
ワークスペースの近くに窓を設け明るさを確保しておくとよりいいでしょう。

最近人気のスタイルとなっているリビング階段。
我が家の新築住宅にも取り入れる予定です。
私の周りの新築住宅を建てた友人達もリビング階段を取り入れた人と取り入れなかった人半分半分くらいです。

私はリビング階段がいいなと思っています。
家族の繋がりを大切にできるからです。
子どもが小さい間はリビングに集まるのが当たり前のことかもしれませんが、子どもが思春期頃になると家族の存在を嫌がり始めます。
顔を合わせることも会話もすることも面倒と感じてしまうものです。

そのような状況で従来のように玄関の近くに階段を設けていれば、子どもがいつ帰宅して、いつ外出したのか分からないという日も出てくるでしょう。
これでは家庭環境も悪化しますし、親は子どもの変化に気づいてあげることができません。
しかしこれをリビング階段にすることで家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋へ行くことができません。
嫌でも家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれるのです。顔を合わせることで親は子ども変化にも気づいてあげやすくなります。
リビング階段にすることで子どもの犯罪率を下げるという結果も出ているそうです。

リビング階段を取り入れなかった友人に理由を尋ねてみると一番は冷暖房の効率を考えてということでした。
そして他にはリビングに来客者がいる時お互いに気を遣わなくていいという理由です。
知らない来客者がいてもそのまま二階に行けるので便利だからと話していました。

階段は欠かすことのできない存在です。自分達のライフスタイルに合った階段のスタイルを取り入れたいものです。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes