屋根下の空間を有効活用した小屋裏収納を設ける家庭が増えています。大型の収納庫が欲しい!収納スペースは欲しいけど、居住スペースが狭くなるのは避けたい!と考える人が多いです。この悩みを解決するのに屋根下に生まれるデッドスペースを利用して小屋裏収納を設けるのです。2階の1/2未満のスペースであることと、1.4m以下であるという条件を満たすことで床面積に含まれず2階建て住宅として設計できる魅力を活かすのです。これなら居住スペースを狭めることなく大きな収納を得ることができるのです。

ここに収納するものは、普段よく使用する物を収納するのではなく、ワンシーズンだけ使用する物、捨てられない思い出の品などを収納しておくには最適です。雛人形や兜、鯉のぼり、クリスマスツリーなどの収納場所としてピッタリです。アルバムや賞状、幼稚園や学校での製作品、トロフィーなどもここの整理しておくといいでしょう。趣味の多い人は、趣味道具の収納場所に困ることも多いですが、このような大型の収納スペースがあると助かるのです。普段は使わないこれらの物を小屋裏収納にきちんと整理して、居住スペースに物が散らかりにくく広々とした空間を確保できるようにしておきたいものです。

この小屋裏収納を設ける際に、注目したいのが行き来の方法です。通常は急勾配なハシゴでの行き来が多いです。しかし、これでは大きな物や重さのある物を出し入れする際に一人では難しいですし、高齢になった時に利用しにくい収納スペースとなってしまいます。安全性に欠けるため固定階段で行き来ができるようにしておくといいと思います。固定階段なら物の出し入れもしやすいですし、行き来のしやすさから収納スペースとしてだけでなく、書斎スペースや趣味部屋として利用させやすくもなります。屋根下のデッドスペースも余すことなく上手に利用したいものです。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2018 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes