我が家に設けたカップボードは、キッチンスペースに合わせて造りつけてもらいました。キッチンスペースいっぱいに広がるカップボードは、床から天井まで余すとこなく収納スペースとして活用させることができているため、収納力に優れています。隙間がないことで見た目もスッキリとしていますし、お掃除もしやすいのです。

カップボードの全面にはすりガラスの引き戸が設けられています。キッチンで家事をする時には扉を開け放ち、物が把握しやすく、そして出し入れがしやすいようにしておきます。引き戸なので扉を開け放っていても邪魔に感じることがありません。キッチンを振り返ると一面に必要な物が揃っており、オープンにしておくことで物の出し入れがスムーズに行えて家事を効率よく行うことができています。

キッチンを使用しない時や来客時にはこの扉をフルクローズにします。中に収納している物を隠してくれながらも明るさをしっかりと通してくれるので閉鎖的な印象になることもありません。目に触れると生活感を感じてしまうキッチン家電や食材など全てを隠すことができるため生活感を感じさせず、スタイリッシュなキッチンが広がっているのです。

扉三面にも広がる一面は、キッチンパントリーとして利用しています。レトルト食品や乾物、お菓子にジューズ、レシピ本や30㌔のお米の袋までスッポリと収められるパントリーはとても重宝しています。この横の扉一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまで一か所で管理できているのでお皿選びもしやすいのです。そしてその隣の扉一面にはキッチン家電を収納しています。まだまだ収納スペースに余裕があるのでキッチンに物が増えてもしっかりときれいに管理できるのです。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2018 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes