最近ではリビングやダイニングとの一体感を重視したフルオープンキッチンが非常に人気を高めています。キッチンからフルフラットに伸びるカウンターは、キッチンに人が集まりやすく、お手伝いしやすいスタイルでもあります。家族と顔を合わせてコミュケーションが取りやすく、空間の繋がりを感じられることで家族の繋がりも感じることができます。

このキッチンのデメリットは、きれいに片付いている時は見せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後のお鍋や食器、食材が乱雑になっている状態もリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。このような状態で急にお客様が来たらスムーズに対応しにくく、片付けが苦手な人には向いていないのです。

私はこのデメリットに抵抗を感じたためキッチンの前に程よい高さで区切った腰壁を設けることにしました。腰壁を設けることでキッチンが乱雑になっている状態をリビングやダイニングから見られる心配がなくなり、お客様もスムーズに対応ができるのです。使い勝手の良くない吊り戸棚をなくし、コンロ部分は壁にするのではなく耐熱用のガラス張りにすることでリビングやダイニングとの一体感を損なうこともないのです。

またこの腰壁は気になる手元部分を隠してくれるだけでなく、壁厚を利用してニッチを設けることもできました。キッチン側には調味料入れのニッチを設けたので、いつも使用する調味料をここに収めることができています。作業スペースがスッキリとして調理のしやすさが増しています。また壁を利用してL字型にカウンターを配しました。パソコンを使用したり、子どもが勉強したり、夕飯の支度をするママと会話をしながらおやつを食べたりとこのカウンターが大活躍しています。キッチンのスタイルによって家事のしやすさやキッチンを挟んでのコミュケーションも変わってくるだけに自分に合ったスタイルを取り入れましょう。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2018 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes