住宅ローンを組む際、自分達が借りられる額はいくらかということに注目することと思います。借りられる額が気になる場合、目安となるのは年収をベースにした借入限度額であり、総返済負担率を使って計算することで簡単に知ることができます。しかし、ローンを組む際に一番大事なことは、借りられる額ではなく実際に返せる額を把握することなのです。つまり、自分の借りられる額は、実際に返せる額とイコールであると考えなければなりません。

では果たして返せる額を決めるにはどうしたらいいでしょうか。決める方法として一般的なのは、住宅ローンの年間負担率を多くても年間手取り収入額の30%以内におさえることです。ただし、子育て真っ最中で教育費などが多くかかる場合は25%以内が理想でしょう。また、住宅ローンの金利と返済期間によっては、借りられる額が変動してくるので注意が必要です。

加えて、将来の不測に備えておくことも大切です。ボーナス返済を組み入れない方がいいと私はアドバイスされました。自分は安定している!という人でも何があるか分からないからです。できるだけ頭金を多く入れることで借入総額を減らし、住宅ローンを組むということが将来を楽にするための賢い住宅ローンの組み方だと思います。住宅は人生において最大の買い物となるだけにしっかりと予算化して無理なく支払いが行えるようにしておきたいものです。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2018 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes