家族構成やライフスタイルに合った家造りを心がけると思いますが、暮らしが変化すればそれに合った空間が広がるようにしたいものです。住宅の中で特に変化があるのが子ども部屋です。子どもの成長過程に合わせてその時々でピッタリの空間が広がるように我が家は可動間仕切り収納を取り入れました。

そこで子ども達それぞれに最初から子ども部屋を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。幼少期は個室を必要とせず、おもちゃを広げてのびのびと遊べる空間が求められます。走り回ったり、兄弟やお友達と思い切り遊べる空間があると重宝します。この時期は壁に沿わせて可動間仕切り収納を設置しておきます。そうすれば広々とした空間が広がり遊びやすさが高まるのです。

小学生になると学習机を並べて、共に遊べて、共に勉強できるスペースが広がります。高学年くらいになるとそれぞれのプライベートな空間も欲しくなるものです。この場合には、可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央へ移動させます。そうすることで空間も繋がりを保ちながらも、それぞれにプライべートな空間を手に入れることができるのです。

そして、中学・高校生頃になると個室を必要とします。この場合、もう半分の可動間仕切り収納を部屋の中央へ移動させます。そうすれば完全個室となるのです。ワンルームが将来的に二つの個室になることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセントなどあらかじめ二部屋分設けておきます。子どもが独立した後は再びワンルームへ戻して新たな利用方法を取り入れることもでき、その時々で最適の空間を手に入れることができるのです。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes