我が家のリビングの一部分は吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けるかどうかは非常に悩んだのですが、オシャレなリビングにしたかったという思いが強く採用しました。吹き抜けを設けるメリットは、二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さを感じることができることです。また、高い位置に設けられた窓からは日差しをたっぷりと取りこめるため、リビングがより明るく、開放感が感じられるのです。

吹き抜け部分に面して二階にはファミリースペースを設けています。6帖ほどの広さがあるファミリースペースは、子ども達の遊び場として、また家族のコミュニケーションの場としてセカンドリビングのような空間が広がっています。一階と二階で家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じられ、家族の繋がりを実感できます。そのため個人の時間を過ごしていても家族の気配を感じられるので安心感が得られるのです。

一階と二階で会話をしたい場合も吹き抜け部分に向かって声をかければ会話がしやすいのです。吹き抜けのデメリットは、冷暖房の効率を下げることです。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇します。そのためエアコンを入れても吹き抜けを設けていることで暖かい空気が二階に流れ、リビングの足元部分がひんやりするのです。しかし、建物自体の断熱性を高めたり、熱の出入り口で大きな窓の断熱性を高めることで冷暖房効率を下げることが抑制でき、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいになるのです。

実際に生活をしてみて感じるデメリットは音の響きです。テレビの声が二階のファミリースペースに響きますし、逆に子ども達が遊んでいる声が一階まで届くのです。会話がしやすいというメリットの側面で音の響きを感じやすいのです。メリット・デメリットを考え吹き抜けを取り入れましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes