住宅の要となるLDKは、家造りをするほとんどの人が重視することと思います。最近ではLDKの一体化を重視した造りが人気となっています。壁や建具でそれぞれの空間を区切って利用するのではなく、空間をオープンに、そして奥にまで視線が繋がる空間にすることでより広々と開放感たっぷりのLDKとすることができるのです。しかしLDKの一体感ばかりにとらわれてしまうと、空間が単調となりメリハリを損なってしまうこともあります。

空間的な繋がりを大事にしながらもそれぞれの空間をゾーニングすることも大切なのです。緩やかに空間を区切ることで、生活にもメリハリが生まれてくるのです。親戚宅はリビングをダウンフロアにしています。LDKの一体感はそのままに高低差を付けることでゾーニングを行ったのです。リビングは家族が憩う最も重要な場所です。ここをダウンフロアにすることでより天井が高くなり広さや開放感を感じます。またダウンフロアが適度なこもり感を与えてくれ居心地の良さを高めてくれます。壁を付けたり、建具で区切るのとは違い高低差を付けるだけなので空間的に圧迫感は全くないのです。

また友人宅はリビングの一角の小上がりの和室を設けていました。最近では、和室を設ける場所は、リビング内やリビングの延長上が多いです。リビングと繋がった和室を設けることでリビングに広さやプラスされます。友人宅のように小上がりにすることで和と洋が違和感なく存在し、またこの高さを活かして腰掛や、畳下に収納スペースを設けることができるのです。高低差で空間をアレンジするのもいいと思います。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes