住宅にはその時々で合った形というものがあります。住宅の中で一番変化が求められるのが子ども部屋です。子どもが小さい間は広々空間で走り回れる子ども部屋が求められます。小学生頃までは一人でこもって勉強をすることもありません。個室を設けても使い勝手の良くない子ども部屋になってしまうのです。

子どもが小学生頃まではそれぞれの空間を区切らずワンルームの子ども部屋にしておきます。兄弟姉妹でのびのび遊べ、共に勉強できる空間があるといいのです。そしてお友達が遊びに来た時、遊べる空間があると子どもも住宅への満足度を高められると思います。
中学生頃になるとそれぞれの個室が欲しくなります。その時、広々ワンルームを二つの空間に区切るのです。将来的に二つの空間に区切ることを考え、出入りするドアやクローゼット、窓や照明、コンセントなど二部屋分確保しておくのです。このようにしておけばいつでも二つの部屋に区切ることができます。

壁や扉で間仕切るのもいいですし、可動間仕切り収納で空間を間仕切るのもいいと思います。個室になった時、それぞれの空間が狭いと感じてしまうと思います。物がきちんと片づけられるように、少しでも収納スペースがあると過ごしやすい子ども部屋になるのです。

また自分達が高齢になった時のことを考えて下さい。足腰が弱ってきたら、寝室までの行き来に階段があるのが体の負担と感じるようになると思います。一階に設けた和室を将来的に寝室としても使えるように、テレビやエアコンの配線、押入れなどしっかりと確保しておいた方がいいと思います。変化にしっかりと対応できる家でありたいものです。

Comments are closed.

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes