Archive for 12月, 2015

我が家の子ども部屋は1ルーム2ドアを採用しています。我が家のように子ども部屋をこのようなスタイルにする家庭は非常に増えてきました。この1ルーム2ドアとは、個室を必要としない間は、広々ワンルームとして利用します。子どもがのびのびと遊べて走り回れる子ども部屋はまさに理想的です。しかし将来的に二つの空間に分かれることを想定して、出入りするドア、窓、クローゼット、照明にコンセントなど予め二部屋分設けておくのです。

このように事前に環境を整えておくことで、子どもの成長と共に個室を必要とし始めたら広々ワンルームを二つの個室に分けることができるのです。子ども部屋は子どもにとって最高の空間でなくては意味がありません。いつの時も一番使いやすい空間にするには1ルーム2ドアはいいと思います。共に遊べて、共に勉強できる子ども部屋は兄弟姉妹共に成長することができます。

そして我が家はこの子ども部屋にロフト収納を設けました。子どもの成長と共に次第に物が増えていきます。この増えていく物をきちんと片づけられるようにロフトを設けて収納スペースを確保したのです。現在はまだここに収納しておくものは少ないです。この隠れ家的なスペースが子ども達の遊び心をくすぐり、現在は子ども達の遊ぶスペースとして利用しています。

子どもの成長に合わせて空間を自由にアレンジできる家にするべきだと思います。子どもが成長するといずれ巣立っていきます。子ども達が巣立った時に子ども部屋はまた必要性を失います。この時の状況まで踏まえ、空間を区切る時は壁にするのではなく、可動間仕切りにしておくのもいいと思います。

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes