Archive for 6月, 2011

中古住宅の価格ってどうやって決められているのか、知っていますか?
もし、自分が中古住宅を購入しようとした際、その物件が高いのか、安いのか、気になります。相場より安い物件を高く買ったら損をしてしまう、そんな風に考える方は多いと思います。

そこで、大分で、中古住宅を購入した知人に教えてもらいました。
その知人によると、中古住宅の価格は、事例比較法というもので決められるそうです。
事例比較法というのは、その物件の周りに存在する物件が取引されている実際の情報を集めて、比較するという方法です。
中古住宅の価格の標準的な相場は、この事例比較法によって決められているものがほとんどです。

具体的に言うと、一戸建ての中古住宅の価格は、いろいろな物件の標準的な相場をもとに、利便性だったり、周辺の環境や、建物の自体の設備や劣化などの要因からプラスされたりマイナスされたりして査定額を導き出しているのだそうです。
当然マイナス要素が多い物件は、相場より安くなっているということになります。

ということは、中古住宅の標準相場を知っていれば、その物件が安く売り出されているには、何か理由があるのかを詮索し、調べることができます。逆に高い場合は、売主側の希望で、高く売り出されているのだろうか?と想像することが出来ますね。
同じような物件でも、売主が売却を急いでいる場合、相場よりも安く売り出されている事があります。これは、お得な物件です。相場より安くなってもいいから短期間で売却をしたいという希望の物件は、時期を問わず、出回っています。
そのような理由から、同じような物件でも、相場を知った上で、色々見て回れば、もしかすると、お得な良い物件に出会えるかもしれませんよね。そのようなことを知っているのと知らないのでは、かなり違った結果(購入もしくは売却価格)になるかもしれませんので、調べておくことも大切です。
大分でリフォームする予定の友人も下調べを念入りにしていました。

カテゴリー

Copyright © 2017 不動産、中古住宅について. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes